トップページ  > 真空包装機
真空包装調理講習会・デモ案内商品ラインナップサービスネットワーク

凍結含浸調理法とは

介護食の新調理法として、注目されています。
真空包装機を使って、食材の組織の中まで酵素を均一かつ素早く染み込ませる技術。
食物を凍結させて解凍し、酵素を染み込ませることで食材の硬さを調節することができます。見た目はそのままで歯茎や舌で押しつぶせるやわらかさに食材を変化させることができます。
食事を楽しむ為には色、味、香りだけでなく見た目も重要。目で楽しむ食事を提供でき、食欲の回復にもつながります。
また、加熱時間も従来の調理法より少なくなる為、加熱時間の節約にもなり、熱に弱いビタミンや色素の溶出を従来の調理法より少なくすることができます。

Adobe Flash Player を取得 ※この動画を正常にご覧いただくには、Flash Playerが必要です。

凍結浸食の基本調理工程と機器

凍結浸食の基本調理工程と機器

※この技術は、広島県立総合技術食品工業技術センターが開発し特許を取得しています。

このページのトップへ